CULTURE社内制度

付加価値を高め成長できる環境

さまざまな経験、スキルや考え方を持ったエンジニアが仕事に情熱を持ち、貪欲に切磋琢磨しながら毎日課題に取り組んでいます。
例え困難な課題でも、その原因追求だけでなく解決方法を解くことを達成することを重視しています。
それが私たち最大の存在意義だからです。

スキルアップ研修

当社では、エンジニアもスタッフも統一した考えで研修を行っています。
若手に必要なスキルはテクニカル、ベテランになればコンセプチュアルが必要になり、
世代を超えては、すべての社員にプレゼン能力やネゴシエーション能力が必要となっています。

新人社員研修

  • 導入研修

  • 技術研修

  • 開発現場OJT研修

専門技術研修

  • ソフトウェア研修

  • デジタル技術 アナログ技術

  • プロダクト設計技術

ヒューマンスキル

  • EQフィードバック

  • コンピテンシー磨き

職位階層別研修

  • キャリアデザイン研修

  • 組織マネジメント

  • プロジェクトマネジメント

共通研修

  • 情報セキュリティ

  • 品質環境システム

  • メンタルヘルス

自己啓発

  • 語学研修(英語、中国語)

  • 通信教育など

活躍の場

評価制度

年に一度、もっとも活躍したエンジニアを表彰しています。課題解決実績から顧客CS評価を実施し、その結果として顧客評価優秀者、普段の業務遂行や実績などを基にした社内評価優秀者。全ての実績を基にした最優秀者を選出し表彰を行います。役割や年齢にかかわらず、伸び伸びと色々なことに挑戦する機会が誰にでもあります。

提案制度

毎年、希望者が課題に対して当社の経営陣にプレゼンを行いその場で決裁を行います。これまでに提案した内容も様々で、規則の改定やインセンティブなどがあり、現在はそこで提案され承認された制度や福利厚生によって会社運営がされています。もちろん自分を昇格や異動させてほしいっていう内容もありました。その結果、エリアの責任者に抜擢された事例もあります。

社内公募制度

応募条件をクリアしていればエンジニアから管理部門へのキャリア転換や、別テーマへのプロジェクト、別エリアへの異動など、自分自身を最大限発揮するために、自分の付加価値を高めるために能力に見合った仕事を自分の意思で選びます。社内の重要ビジネスの強化や適材適所への人員配置も配慮し、ひとつのプロジェクトをやり遂げて新しいテーマにチャレンジできる。もちろん新しいテーマにも必要なスキルはありますが、すぐに希望が叶わなくてもそれに向けて何を努力すれば良いのかが分かり、努力する方法も見つけられる仕組みになっています。

アニバーサリー制度

人生の節目も大事ですが、社員としての節目も大事にしたいと考え生まれたのがこの制度。社員の勤続年数が、1、3、5、10年の節目にて各種のノベルティや報奨金が支給されます。

安心して働ける環境

各拠点デザインセンター

通常最先端での開発は現地にて行われますが、当社では発想を転換し、各地域に開発センターを設け仕事を持ち帰ることにより、様々なバックグラウンドを持つ技術者が地元で就業しています。これはISO9001認証も取得している品質管理環境の準備と、定期的に技術リーダーや担当者が客先と密接なコミュニケーションを取り信頼を得ることによって実現しており、そのためのバックアップ体制には全社一丸となり取り組んでいます。

福利厚生

健康保険(産業機械健康保険組合)、厚生年金、雇用保険、労災保険、退職金制度、転居支度金制度、寮制度、他

諸手当

業務手当、職務手当、通勤手当(上限あり)、時間外・休日勤務手当、業績インセンティブ他

休日休暇

週休2日制、国民の休日、年末年始、年次有給休暇、特別休暇、他(会社カレンダーあり)

ENTRY

キャリア採用募集要項一覧へリンクします。