TOP>サポート体制>インターンシップ

インターンシップ

シーディアが考える
インターンシップ

学生の皆さんは、インターンシップに何を求めていますか?
シーディアでは、当社を知って頂くことよりもまずは、ビジネスパーソンとして、何を求められ何を行っていくのか?
社員として働くことの楽しさや取り組む姿勢、考え方について体験して頂きたいと考えています。
働くことの面白さ、やりがい、キャリアパスなどをチームの一員として体感し、現場に入ってから最大のパフォーマンスが発揮できるようサポートします。

体感型ビジネスパーソン体験

  • 仕事観を養い就活に活用することもできる

  • 企業文化やプロダクトを「人」で支える人事目線

  • 技術者である前に1人の社会人として生き抜く力を身に付ける

インターンシップスケジュール

エンジニアコース

「エンジニアとしてキャリアアップしていくためのシミュレーションができます」

まずは入社前からしっかりとした目標設定を行います。

エンジニアの方には、テクニカルスキルを磨くことだけではなく、自身が関わっている業務の実績を、自身のキャリアとしてしっかりと説明できる『人』になっていただきます。

例えば、携わっている開発案件は、どのような分野でどのような技術で製品として役に立っているのか、その中で自身が何に貢献しているのか、など。
自分を誇れる技術者になっていただくために、大事なことだと考えています。
技術知識の幅を増やすことに取り組んで、学校で学んだ知識やスキルがどのような場面で必要であるのかを知り、実践的な技術が体感できます。

さらに、お客様が抱える課題を理解していただき、そこからお客様が何を求めているのか、どのようなゴールを目指しているのか、そしてその場所にどんな技術者が活躍しているのか、などを知ることで、今日の技術者として求められていることを修得していただきます。

ビジネスコース

「『社会人』としての階段を登って行くスタートを切ることができます」

『学生』と『社会人』には、明らかに違うものがあります。仕事をしているか否かではありません。学生のアルバイトも立派な仕事の一つです。当社が考える『社会人』は、連続性のあるキャリア形成を通じて、ご自身の人生を輝かしいものにしていく手段をとっている方だと考えています。

スペシャリストとして特定分野のプロを目指す方もいらっしゃれば、組織人として役職などの裁量を得て、マネジメントを極めたいと考える方もいらっしゃいます。ただし、いずれの場合もスタートはすべて同じであり、しっかりとした土台作りとしての考え方や所作を学ばなければ、『社会人』のスタートは切れないと考えています。

当社では、ビジネスマナーなどの基本的な型を習得し、様々な発想法や問題解決の手段を習得することから始めます。その後、社員と一緒に行動することで、組織として行動することの大切さや事業を行うことの難しさを体験していただきます。

ページ上部へ