機械設計エンジニア

会社の都合で仕事が決まるのではなく、
自分がやりたいと思った仕事ができる。

W・M / 2017年入社

出身学部:
通信工学科

大学卒業後は、通信設備の工事会社にて、現場監督業務を経験。接続図や配置図を作成する仕事の面白さを知り、職業訓練校でCADスキルを学ぶ。実務未経験者にも広く門戸を開いていたシーディアの存在を知り、機械設計エンジニアとして入社。入社1年目から新規開発のプロジェクトチームに配属となり、機械製品の設計業務に従事している。

次世代の通信インフラとして注目された
光ファイバーの研究に没頭。

学生時代に取り組んだことは何ですか?
光ファイバーに関する研究をしていました。特に重点的に行ったのが、異なる種類の光ファイバーの接合に関する研究です。光ファイバーの種類によって反射方法が違って、特性や特徴も異なります。 異なる特性・特徴の光ファイバーを屋内や屋外など、その場所に適した使い方をすれば、高速で大容量の情報を遠くにまで伝達することが可能になります。 当時は光ファイバーがインフラを支える新しい手段として注目を集めていた時代で、非常に先進的な研究に取り組めたと思います。 また、前職の通信建設業の仕事では、光ファイバーに関する知識が生きる場面もたくさんありました。

実務未経験でも、自分がやりたい仕事が
できたことが最大の魅力。

シーディアに入社したきっかけは何ですか?
前職でもCADを使った製図の業務があり、もっと専門的に勉強したいと思ったからです。 通信設備などの設計でもCADは使いますが、せっかくなら製品を設計する仕事に就いて、より高度な技術を身につけたいと思いました。 前職を退職してから半年間、職業訓練校に通って基礎を学び、いろんな求人を見た中でシーディアであれば、未経験からでも機械設計エンジニアとして活躍できると思って入社しました。 「設計をやりたいです」と希望を伝えたところ、自分の力量に合ったプロジェクトに配属していただけて、希望通りの仕事ができています。 今の職場にはベテランの先輩がいて、時間を惜しまず何でも教えてくださるので、不安は全くありません。

世界がまだ知らない製品の
設計に携わる面白さとやりがい。

いまの仕事内容を教えてください。
新製品開発における機械設計です。3Dのモデルをつくって、それを1つひとつの部品に分け、2Dの図面にしていく仕事を任せてもらっています。 3Dモデルをつくるのも、2Dの図面をつくるのも、作業は全てCADで行います。 まだまだCADを使いこなせていない部分も多いのですが、世の中にリリースされていない新製品の開発に携われるところが仕事のおもしろさです。 CADの技術的なことに関しては、いつでも先輩に教えていただけます。 日々、先輩の仕事を見ていると、本当に学ぶことが多く、いつか自分もこうなりたいと思えるので、それが仕事のモチベーションになっています。 まずは技術をしっかりと身につけていきたいですね。

ONE DAY SCHEDULE

8:15
出社、前日に行った業務の日報へのまとめ
8:30
新しい図面の描きだし
10:00
製造現場を視察。自分が図面を描いた製品の製造現場は必ず確認
12:00
昼食
13:00
ミーティング、作成中の図面に関する修正の方向性などの打ち合わせ
15:00
図面の修正作業
17:00
過去の図面の整理、他の担当者の修正の代理対応など
18:00
業務終了
19:00
退社

日進月歩で進化する技術を
学び続けていきたい。

これから挑戦していきたいことは?
まずは、3年間の経験を積みたいと思っています。 機械設計で一人前として認めてもらうには、3年の経験が目安です。 その間にいろんなプロジェクトを担当して、たくさんの知識をしっかりと吸収しておきたいと思います。 ですが、技術というのは時間とともにどんどん変わっていくものです。 CADのソフトにも、新しいものが次々と生まれています。 過去の経験や実績だけでやっていける仕事ではありませんから、新しいことを覚える姿勢は大切にしたいですね。 その中でも自分なりの得意分野を持てるようになって、知識量を生かして活躍できるエンジニアになりたいと思います。 単に図面がつくれるだけでなく、付加価値のある提案ができるよう、専門性をもっともっと磨いていきたいです。

MESSAGE

好きな仕事に出会えれば、
苦しい時も頑張れるはず。

就職で大切なのは、やりたいことを見つけられるかどうかだと思います。 この仕事であれば一生懸命になれる、というものをぜひ見つけてください。 自分に向いている仕事が分かれば、きっと苦しいことも我慢できるはずです。 また、これから就職活動をする学生のみなさんには、仕事とは関係ないこともいろいろと経験して欲しいと思います。 部活で体験する人づきあいや、アルバイトの経験などは、どんな形で将来の仕事に生きるか分かりません。特に大切なのは、人とのコミュニケーションです。 エンジニアの仕事でも取引先とのコミュニケーションは非常に重要ですから、学生の時からできる限りたくさんの人と関わる経験を積んでおくことをお勧めします。

OTHER PERSON

ENTRY

新卒採用エントリーサイトへリンクします。