LSI設計・開発エンジニア

ナノメートルのスペース、
ナノタイミングの時間の中で技術を高め、
LSIの高効率化・微細化を実現していく。

T・O / 2016年入社

出身学部:
工学部電子工学科
情報エレクトロニクス専攻

メーカーでの半導体開発部門勤務を経て、2016年にLSI設計エンジニアとして入社。これまでに培ったASIC回路設計、ゲートドライブ回路設計の経験を生かして、LSIのバックエンド設計のスペシャリストとして活躍する。豊富な実務経験を持つエンジニアとして信頼が厚く、配属先ではローキャリアメンバーのサポート役も任されている。

半導体製造の基礎的な知識を学んだ
電子工学科時代。

学生時代に取り組んだことは何ですか?
大学では、シリコンに代わる次世代半導体の材料として注目されるGaNについての研究をしていました。 ガリウムと窒素の化合物であるGaNは、青色LEDの材料として知られていますが、シリコンとは桁違いの速さで高電圧を切り替えられる特性があります。 この特性を生かしてパワーデバイスに利用すれば、製品の小型化・省エネ化・高効率化が実現可能です。 私がいた研究室では結晶構造の品質を向上させ、高電圧・高負荷にも耐えられるGaNの実験をしていました。 研究内容が直接的に今の仕事に生かされているわけではありませんが、半導体や電気電子の基礎知識がそなわっていたことで、LSIのバックエンド設計にも抵抗なく取り組めたと思います。

自分の得意分野である
バックエンド設計の力が生かせると確信。

シーディアに入社したきっかけは何ですか?
エンジニア1人ひとりと向き合ってくれる会社であり、自分の専門性が生かせる仕事ができると確信したからです。 以前勤務していた会社では、業績不振から多くのエンジニアが配置転換をすることとなり、私もその1人でした。それまでの経験やスキルとはかけ離れた仕事を任されることになり、私の強みや能力がきちんと伝わっていないと感じるようになりました。 もっと自分と向き合ってくれる企業で働きたいと考えていた時にシーディアと出会い、ここでなら自分の得意分野を生かして活躍できると確信したので、お世話になる決意をしました。

ナノレベルの世界で競い合う技術の中に、
可能性と面白さがある。

いまの仕事内容を教えてください。
LSIのバックエンド設計をやっています。 バックエンドとは、論理を実際の形にしていく工程。 製品を作る最後の部分であり、どんなに優れた設計や論理も形にできなければ単なる空想に過ぎません。 現在のLSI設計はクロック数はそのままに、いかに高速化・低消費電力化・小型化できるかが問われる時代です。 ベストなデジタル回路の配置・配線を見つけるため、ナノメートル、ナノセカンドの世界で技術を競い合っています。 自分が設計した配置・配線で要求する機能やタイミングが得られるのかを専用のツール(配置・配線ツール)で解析して、その結果を見ては次の改善策を考え、より良い配置・配線が他にないかを試行錯誤しながら決めていく工程が面白いところです。

ONE DAY SCHEDULE

9:00
出社後、前日に配置・配線ツールに解析をかけておいたログを確認
10:00
解析結果に対する打ち手の検討
12:00
昼食
13:00
WEBシステムでの会議。各開発チームの進捗状況などを報告・共有
15:00
配置・配線の改善策の検討。再度、ツールを使って解析
17:00
他のエンジニアの進捗状況の確認、サポート、フォロー
18:00
ツールの解析完了を待って結果を確認して業務終了
19:00
退社

1つの分野に留まらず、
あらゆる可能性に挑戦できる環境。

これから挑戦していきたいことは?
将来的にはフロントエンド設計を含めてより広い領域で製品開発に携わっていきたいですね。 シーディアは、そうしたエンジニアの希望をきちんと聞いてくれるところが魅力。 論理を書けるようになりたいとか、全体設計をやりたいといった希望を出せば、きちんとそうした仕事ができるプロジェクトにアサインしてくれます。 いろんなプロジェクトに携わるチャンスがあって、やりたい仕事を任せて貰えるのは、シーディアならではだと思います。まずは自分の強み・得意分野でしっかりと結果を残して、自分のペースで仕事の範囲を広げていきたいですね。 そんなマイペースな希望も聞き入れてもらえるのが、今の環境です。

MESSAGE

1人ひとりを大切にする会社なら、
組織に埋もれる心配はない。

就職先を選ぶ時は、自分のことを大切にしてくれる会社を選んでほしいと思います。 社員の顔をきちんと見てくれない会社では、必ずいつか不満が生まれます。 待遇や条件などの表面的な部分にとらわれることなく、会社の中身をしっかりと見極めてもらいたいです。 LSI設計の場合、同じ仕事でも人それぞれに答えの出し方、課題解決へのアプローチが違います。 毎日が新たな発見の連続であり、発見の数だけエンジニアとしての腕が磨かれていく仕事です。 そんな面白い経験を積めるのも、自分がやりたいと思った仕事を任せてもらえる環境があるからです。 組織に埋もれてしまうのではなく、自分のやりたい仕事、実現したいキャリアがあると信じて頑張ってください。

OTHER PERSON

ENTRY

新卒採用エントリーサイトへリンクします。